HARD ROCK save the Maple
武士は食わねど高楊枝。まさに韋駄天、光の刃。 てめぇら全員、たたっ斬る!
プロフィール

課長王子

Author:課長王子
MapleStory李サーバー所属。
斬Lv83 杉原有音
投Lv162 課長王子
聖Lv91 課長皇子
龍Lv49 課長玉子
投Lv50 課長王児
騎Lv1 課長大路
庫Lv?? 課長巫女
斬Lv31 真行寺恵理
弓Lv?? ???
"神"よりも、"使える凡人"で。

永い夢の終わりに。
何も失くさないように。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

覚醒
まさに悲願。
願っては2年、嘆いては1年。

誰も知らない所で、ずっと戦っていたのだ。



思い起こせば2年前。

誰からも評価されなかった一人のプレイヤーが、
海外リーグを颯爽と駆け抜ける切欠にもなった。

それが"覚醒"。

今まで感じていた重力が、まるで無くなったかの様に
まさに翼を得たかの様な、その軽やかな動きは世界をも魅了する。


傷だらけで戦った、過去の苦しみがあったからこそ、
そのプレイヤーは、無類の強さを発揮した。

誰よりも重い身体を引きずり、
それでも、頭脳と、感覚と、気合で戦った。

強靭なフィジカルを得ようとも、
それらは失われず、生き続ける。

チームが変わろうとも、
フィールドが変わろうとも、
環境が変わろうとも、
それらは不変であった。



既に転機を迎え、戦線を駆ける一人の片方で、
ずっと耐え続けた一人が居る。

転機を迎えた片方は、胸に秘めたる物を持ち
存分に力を発揮し、今に到る。

華麗に駆ける片方と共に、必死についてくる片方が居る。
未だ迎えぬ転機を、他の全てによって補いながら。

どっちが強いなんて、言わずとも分かる。
ただ、それは、やがて引っ繰り返る。
迎えた転機と共に。


おはようございます。最強の御姫様。
スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント

念願の覚醒ですね。
がんばってくだぱい
【2007/05/02 13:40】 URL | もり #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP